iphone修理サービスで故障したiphoneも元通りに

このエントリーをはてなブックマークに追加

落下の衝撃から守るケース

携帯電話

スマートフォン専門店などで様々な種類のiphone6用のケースが販売されています。その種類は、デザイン性を重視したものや機能性を重視したものなど、目的別に用意されています。材質も様々でシリコンやアルミ、ジュラルミンを使用したものなどがあります。ケースを購入する理由としては、大切なiphone6に傷をつけないようにするためのものでありますが、ケースの種類によっては落下で割れてしまうこともあるのです。そういったことが起きないようなケースを購入するのであれば、材質がシリコンで作られているものを選ぶとよいでしょう。柔軟性があり、落下時の衝撃吸収も行なってくれるため、本体を傷つけない且つケースが割れないので買い換える必要もありません。シリコン以外でも割れないケースは他にあります。ケースによっては、側面と裏面のカバーのみで画面自体がカバーされていないものもあります。その場合、落下の仕方によっては画面が衝突して割れてしまうこともあるでしょう。そういった場合ために、本体全てをカバーするケースも存在します。そういったケースは耐衝撃性の他に防水や防塵効果もあるため、割れないだけではなく雨天時に本体が濡れて壊れてしまう心配もありません。
iphone6は今までの端末よりも画面サイズが大きく薄くできているため、角などに当ててしまうと画面は簡単に割れてしまいます。しかし、それはガラスフィルムやケースをつけていることで割れないだけでなく、見た目をキレイな状態を維持することができます。